【名古屋おしゃれプレ花嫁様必見!】ウェディングブーケ専門Instagramアカウントオープン♡

元ウェディングプランナーが提案するウェディングブーケ 「Lien(リアン)」絆

ウェディングブーケ専門Instagramアカウントオープン

このたび、念願の、ウェディングブーケ販売を本格的にスタートすることになりました。

https://www.instagram.com/wedding_bouquet_atelier_roy/

これからウェディングブーケや、ウェディングで必要とされるアイテムを掲載していきますので、是非ご覧いただけたら嬉しいです。

オーダー販売やオンライン販売、レッスン告知もこちらで行います。

プレ花嫁様向けのプレゼント企画もInstagramにて開催予定ですので、是非フォローくださいませ!

 

ウェディングブーケ専門Instagramアカウントをつくった理由

それは、「一生に一度の大切な日のお手伝いをすることに、より一層力を入れたいから。」です。

 

生徒様から「いつからお花の仕事をされているのですか?」とよくご質問をいただきます。

もともと私は結婚式をあげるご新郎ご新婦様を結婚式当日までお手伝いする、ウェディングプランナーの仕事をしていました。

 

「ウェディングの仕事がしたい!」と思ったのは、25歳くらいの時。

ちょうど自分も結婚にとても興味がでてきた年齢で、結婚式場や結婚すること自体、キラキラとして見えていました。

 

一生に一度の大切な日、結婚式。

今まで過ごしてきた大切な家族やお世話になった仲間や携わってきた方々に感謝の気持ちを伝える日。

そして、これから一緒に歩んでいくパートナー、その家族や仲間に、「よろしくお願いします」と伝える日。

 

本当にたくさんの大切な人々が、一度に集まる機会って、結婚式しかないのではないかなあと思い、そんな大切な一日を迎えるご新郎ご新婦様のお手伝いがしたいという気持ちが強く、ウェディングの業界に飛び込みました。

 

でも思っていたよりも10倍?20倍?かなりハードなお仕事でした。

 

週末の朝は5時過ぎには出勤して、ご新郎ご新婦様をお迎えする準備

お二人をお迎えしてからはウェルカムスペースや挙式会場、披露宴会場のセッティングチェック

ガーデンが魅力的な会場だったので、ガーデンの落ち葉等の掃除

支度が整ったご新郎ご新婦様とお話しながら緊張感をほぐし、盛り上げる

引き出物やドレス、お花など当日使うアイテムの検品

司会者さんやメイクさん、お花屋さんなどお取引先とご新郎ご新婦様打ち合わせの調整

午前午後とあるご披露宴が終わってご新郎ご新婦様をお見送りした22時頃からは次の日の結婚式の準備や事務処理

結婚式のお打合せ

 

まだまだたくさんの業務があります。

自宅は車で5分ほどのすぐ近くの場所でしたが、結婚式の多い週末は、自宅滞在時間3時間なんてことも。

ソファーで仮眠して、朝暗いうちに出勤していたような。

普通に考えたら働き過ぎで、仕事を嫌いになってしまうのではというハードさでした。

 

でも、結婚式の仕事を嫌いになることはありませんでした。

それは、結婚式を迎えるご新郎ご新婦様に寄り添い、サポートすることが大好きだったから。

お悩みのご相談を夜にも休日にも受けるくらい、寄り添っていました。

結婚式を迎えるご新郎ご新婦様の本当に幸せ溢れる表情、そしてそれを見守る親御様やお仲間の嬉しそうな表情。

この表情を拝見できるだけで、それまでの疲れが吹き飛ぶくらい、幸せをいっぱいいただける仕事だと感じていました。

 

私にお願いしたいと会場を決めてくださる嬉しさ、責任感を、結婚式当日にしっかりと形にし恩返ししたいという思いで、常に臨んでいました。

 

「ロイさんにお願いして本当によかった!」「ここで結婚式をして本当によかった」

この言葉を聞いた時に、さらなるやりがいと達成感を得て、次への原動力にしていました。

 

お手伝いさせていただいたご新郎ご新婦様とは、今でも年賀状のやりとりをしたり、お花教室に来てくださっている方、お花を注文くださる方もいらっしゃるくらいです。

結婚式を迎える頃にはお友達のように仲良くなっていました。

 

今は結婚、出産をし、お花の仕事をしています。

でもやはりご新郎ご新婦様に寄り添いたいという気持ちが強く、ウェディングの仕事をしたいという気持ちが強く、ウェディングのお客様向けのInstagramアカウントを作りました。

 

https://instagram.com/wedding_bouquet_atelier_roy?r=nametag

ウェディングブーケ

 

ちょうど昨日もウェディングブーケのお届けに行ってきました。

お嬢様にウェディングブーケをプレゼントしたいというお母様に、お届けをしたのですが、制作から完成まで何度もメールのやり取りをし、「娘のカラードレスの時の髪型が決まらない」「どんなブーケがいいかしら。色合いどうしましょう」など、娘さんを想うお母様の気持ちがすごく伝わってきて、いろいろとアドバイスをさせていただきました。

私もなんだかウェディングプランナー時代に戻ったような気持ちになれて幸せでしたが、お母様もいろいろとお悩みが解決し、昨日はとてもすっきりとした表情をされてみえました。

 

私は、ただウェディングブーケの制作をするだけではなく、そのブーケにかける想いも大切にし、結婚式を迎えるまでのご新郎ご新婦様、親御様のサポートもしたい!

そんな想いで、お花を通じて寄り添わせていただきたいと思っています。

ウェディングブーケ

今制作中のウェディングブーケもまもなく投稿いたします。

是非是非お楽しみにお待ちくださいませ!

 

アトリエロイ